PR
スポンサーリンク

大手SNS、メタやX(旧Twitter)やインスタグラムやTikTok、メディアの信頼性

スポンサーリンク
セキュリティ
記事内にプロモーションが含まれています。

SNSと言えば、現在はメタ社と社名変更されていますが、FacebookやインスタグラムやX(旧Twitter)やTikTokやミクシー(mixi)などがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterは、X(エックス)と名称変更され、Facebook社はメタ社と名称変更されました。

変わったのは名称だけではないような気がします。

その他に変わったのではないかな思うのが、

各社の収益のシステムの方法もあるのかなと感じたりします。

ご存知の方も多いかと思われますが、現在のX:エックス(旧Twitter)には収益化する方法があります。(広告など)

例えば、多くの閲覧数(インプレッション)によって収益が入るような仕組みがあります。

なので、ただ単に閲覧数(インプレッション)稼ぎなどのために、なんら根拠もないようなツイート(ポスト)やつぶやきや投稿などがあることもしばしばなのではないかと思われます。

スポンサーリンク

インプレッションというのは、インプレス(impress)の名詞であり印象や感銘というような意味合いが本来ですが、現在のSNSなどでは表示された回数のことを指すと考えて良いと思われます。

〘名〙 (impression) 印象。感銘。
インプレッションとは? 意味や使い方 – コトバンク

インプレッションとは、直訳すると「印象」の意味だが、マーケティング(デジタルマーケティング)においては「広告の表示回数」のことを指す。
インプレッションとは|市場調査・アンケート調査のマクロミル

ホームページやブログなどで言うアクセス数と同じような意味合いではないでしょうか。

要は見られた回数かと思います。(閲覧数)

よって、多くのインプレッション(閲覧数)があれば、多くの収益が得られるという仕組みかと思われます。

こういった仕組みが現在の大手SNS(メタ社のFacebookやインスタグラムやThreadsやX(旧Twitter)やTikTokなどには、あります。

そこで問題になってくるのが、内容の良い悪いに関係なく、ただ単に閲覧数(インプレッション)(の)によって収益が発生するということなのでしょうか。

例えば、

それがデマやフェイクニュースやフェイク画像やフェイク情報などであったとしても、ただ単に閲覧数(インプレッション)を稼げる投稿内容であれば沢山の人が見ることになります。

You Tubeなどの動画サイトにおいても、迷惑系YouTuberや炎上などの投稿に対して非難などのコメントを書き込んだりする人が多くいますが、そういったことは迷惑系YouTuberや炎上の思うつぼになってしまうのではないかと思われます。

なぜなら、投稿内容の信憑性や正当性などはさておき、ただ単に閲覧数(インプレッション)閲覧数を増やせるのですから。

スポンサーリンク

閲覧数(インプレッション)が増えるということは収益が増えるということに繋がってきます。

多くの人が閲覧した結果、フェイクニュースや誹謗中傷やデマやフェイク情報やフェイク動画などの悪質な投稿が拡散してしまいます。

そして、それを見た人の一部は信じてしまいます。

現在のSNSにおいては、どこの誰かもわからない誰かを非難(誹謗中傷)すること自体が問題になることがあります。つまり、誹謗中傷になってしまうことがあるということです。

スポンサーリンク

だからといって、普通の投稿や自分の体験したことなどは自身を持って投稿しても何ら問題のないことだと思います。

そういったことに対して、非難などをすることにより誹謗中傷に発展して言ってしまうこと自体が問題なのだと思われます。

スポンサーリンク

一番大切なのは、おかしいと感じたのなら無視(スルー)することなのだと思います。

いろんな迷惑人の名前や投稿をネットニュースで目にするコトがありますが、そう言った人の投稿やYouTubeを見に行ったコトはありません。

閲覧するコト自体が、協力と言うことを知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他、SNS大手5社のCEOが謝罪することになっています。

「補償しますか?億万長者でしょ!」未成年への“性的恐喝” SNS利用で急増 公聴会に経営責任者を招集 アメリカ
「補償しますか?億万長者でしょ!」未成年への“性的恐喝” SNS利用で急増 公聴会に経営責任者を招集 アメリカ(FNNプライムオンライン) – Yahoo!ニュース

子どものSNS利用…どう向き合う? アメリカでは“性搾取”や“麻薬”も 法規制の状況は?
子どものSNS利用…どう向き合う? アメリカでは“性搾取”や“麻薬”も 法規制の状況は?(TBS NEWS DIG Powered by JNN) – Yahoo!ニュース

アメリカの33州 メタを提訴 “子どもや若者のSNS依存を放置”
アメリカの33州 メタを提訴 “子どもや若者のSNS依存を放置” | NHK | アメリカ

ザッカーバーグ氏は「あなた方が経験したことすべてについて申し訳なく思っています。その苦しみは、誰も経験すべきではありません」と謝罪の意を述べた。
SNS被害により亡くなった若者の遺族に「申し訳ない」。メタのザッカーバーグ氏が謝罪 | ハフポスト WORLD

上院司法委員会の公聴会ではメタ、ティックトック、スナップ、ディスコード、X(旧ツイッター)の最高経営責任者(CEO)が証言に立ち、メタのマーク・ザッカーバーグCEOなど2人は被害者の家族に謝罪した。
SNS大手5社のCEOが証言、被害者家族に謝罪も 米議会公聴会(1/3) – CNN.co.jp

タイトルとURLをコピーしました