PR

外務省公電に中国がサイバー攻撃、大規模な情報漏えい…主要な政府機関のシステム点検

セキュリティ
記事内にプロモーションが含まれています。

2020年にも防衛省の機密情報が情報漏洩していたといった記憶があります。しかも、アメリカに指摘されていたとのことだったような気がします。

外交上の機密情報を含む公電をやりとりする外務省のシステムが中国のサイバー攻撃を受け、大規模な情報漏えいが起きていたことがわかった。米政府は2020年に日本政府に警告して対応を求め、日本側は主要な政府機関のシステムを点検し、対策の強化を急いでいる。
外務省公電に中国がサイバー攻撃、大規模な情報漏えい…主要な政府機関のシステム点検 : 読売新聞

今回は、外務省の大規模な情報漏洩とのことです。

スポンサーリンク

仕組みはよく分かりませんが、中国がVPN?か何かからサイバー攻撃により主要な政府機関の大規模な情報漏洩とのことのようです。

スポンサーリンク

通信には、通常のインターネット網ではなく閉域なIPVPNによって特殊な暗号化方針にておこなっているはずなのに、なぜなのかサイバー攻撃により大規模な情報漏洩とのことのようです。

国内の防衛上の機微な情報やその他の外務省などの諸外国とのやり取り?などの公電の機密情報が中国によるサイバー攻撃にて大規模な情報漏洩とは、日本国の政府機関などのセキュリティ面は国民として不安になりますね。

スポンサーリンク

民間企業においても同様ですが、国家機関である防衛省や外務省などの中央省庁の機微な情報などが諸外国にサイバー攻撃により大規模な情報漏洩とは・・・。

民間企業では、顧客の個人情報などが情報漏洩した際には何らかの謝罪なり補償を行う場合がありますが、政府機関が国民を守る機密情報や国民の情報が諸外国に情報漏洩してしまった場合にはどうするのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

国民は国の一番の財産です。

その国民の国の国益になんの問題がなければよいのですが・・・。

宝島社
¥990 (2024/03/04 02:20時点 | Amazon調べ)
本ページはプロモーションが含まれています。
タイトルとURLをコピーしました